アトピーと共生する【デュピクセント継続中】

アトピー性皮膚炎患者が、病状を安定させるための様々な試みを記録しています。2021年3月1日から脱ステロイドを開始し、6月23日にステロイド再開。6月11日よりデュピクセントを使用中。

【デュピクセント】コロナワクチン3回目接種

先日、コロナワクチンの3回目を受けてきました。

今回は職域接種のためモデルナ製のワクチンです。

皮膚科の主治医の先生からは、デュピクセントを受けていてもコロナワクチンを受けることは全く問題ないといわれています。

過去二回、ワクチンの接種前に問診があり、そこでデュピクセントとステロイド軟膏を使っていることを伝えますが、特に問題ないとのことなので、今回は特に何も伝えませんでした。

注射自体は一瞬で、デュピクセントの注射に比べると全く痛くありません。(デュピクセントは薬剤をすべて体内に入れるまでに10秒弱ほど時間がかかり、その注入時に痛みがあります。)

過去二回は副作用は出ませんでしたが、今回はモデルナ製だったからか副作用が出て、注射が午前11時頃だったのですが、夕方ぐらいからなんとなく体調が悪い感じがあり、就寝前(23時頃)から悪寒が強く、布団の中でも震えが止まらないくらいでした。また関節痛と若干の頭痛もありました。

翌日熱を測ると38.2℃でした。昼から出勤予定だったので、午前中は休んでいると、何とか熱も37.3℃まで下がってきたので、若干のふらつき感はあったのですが何とか出勤し無事仕事を終えることができました。その翌日には完全に体調は回復していました。

なお、アトピーへの悪影響は全くありませんでした。

 良ければ、以下をクリックして応援いただければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

【デュピクセント】現在の体調(使用開始から10か月弱経過)

またまた前回の記事から時間がたってしまいました。

現在の体調はかなり落ち着いています。

ステロイドは今年に入ってからは使った記憶がありません。

まったく痒みがないわけではなく、夜中も昼間も気づくとポリポリ掻いてはいます。酒を飲まない限りは、搔き傷ができるようなことはなく、掻いた部分が多少赤みが出るくらいです。

就寝中はやはり少し痒みが出やすいので、枕元には精神安定剤のように氷嚢を置いています。少しでもかゆみを感じたら、すぐに冷やせるようにするためです。冷やすと痒みはかなり落ち着きます。

 

冬の期間はやはり空気の乾燥⇒皮膚が乾燥⇒痒みが発生しやすいという状況でしたが、春に入って、一段と体調がよくなりました。

今では大好きだったお酒も以前と同じように飲むことができています。(とはいっても飲みすぎると必ず悪化します。3日ぐらいかけて正常に戻る感じです。)

禁酒してた頃から考えれば、信じられないぐらいの回復です。

 

また、ステロイドを使っていないというのも安心できる点ですね。ステロイドの使用にはもちろん賛否あり、ステロイドの使用が標準治療ですし、デュピクセント使用後も何度かステロイドは使っていて、しかもちゃんと数日でやめれば副作用はないので全く安全だとは思いますが、過去に2度、リバウンドを経験しているので、ステロイドに頼り切りになるのだけは避けたいため、基本的にステロイドを使用しない今の状況は精神安定上とてもいい状況だと思います。

 

もっと、デュピクセント治療が一般的な治療になればいいのにと本当に思います。

【デュピクセント】副作用なし(使用開始から9か月超経過)

有難いことに仕事が忙しく、前回のブログ復活宣言から早くもひと月半もたってしまいました。

 

2021年6月11日に初めてデュピクセントを使用してから、いつの間にか9か月が経過していました。幸いなことに、今のところ目立った副作用も発生していません。

 

昨年のちょうど今頃、アトピーで使用していたステロイドをやめる、いわゆる脱ステロイドを行い、その反動でアトピーが大悪化して、休職に追い込まれたんですね。ちょうど一年ということで、現在ちゃんと仕事ができていること、支障のない日常生活を送れていることに、とても幸せを感じております。(仕事自体はしんどいですが(笑))

 

ちょうど昨年の、会社のメールがまだ残っていたので、身バレを防ぐために一部改変したものを以下に残しておきます。長期休職を行う直前です。それこそ死にたいほどのつらさがあったため、当日休暇が続いており、メールも電話も業務も、一切手を付けられず、そのまま退職することも考えていました。というか、仕事を考える余裕が全くありませんでした。そんな中、もうどうでもいいと思って何とか書いた文章です。

 

夜に痒みが強くなるので、夜が来るのが怖かったです。youtubeを見たりして何とか、夜中を耐えきって、明け方にようやく眠気が来るという毎日でした。また、風呂から上がった時に非常に強い乾燥と痒みが出るので、シャワーすらずっと浴びられず、また痒みを少しでも減らすため、全身に氷嚢を当てていたので、体が冷え切っており、食欲もわかず、体重も一か月余りで10キロ弱落ちました。また、毎日床に積もるほどの落屑も出ていたため、文字通りボロボロでした。

 

本当にここまでよくなって、医療の進歩に感謝です。

次は副作用や現在の体調についての記事を書きたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○○さん

 

お疲れ様です。

先週はご連絡頂いたにも関わらずご連絡ができておらず、大変申し訳ありません。

 

現在体調を崩しておりまして、症状としてはアトピー性皮膚炎でして、特段手術とかそういったものが必要な病気ではないのですが、

先々週後半あたり急に症状が悪化してしまいまして、先週は搔破痛とだるさで起き上がることも困難な状況に陥ってしまっておりました。

個人的な内情で恐縮ですが、アトピーは夜中に強く症状が出るため、夜に寝れない日が続いており、一方で睡眠をとれるときに取らないと回復もしないため、完全に昼夜逆転してしまっている状況でした。

ようやくまた回復してきたのですが、悪化の不安がありひとまず明日からの一週間はあらかじめ休暇を取らせていただこうと思います。

 

○○やその他の業務について対応できず大変申しわけありません。

また、申し訳ありませんが、先週中に頂いたメールについてまだ目を通せていません。

追ってまたご連絡させていただきます。

 

お忙しい中、大変なご不便をおかけして誠に申し訳ありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再開

最近は忙しく、ブログを更新しなくなってから、あっという間に半年たってしまいました。休職していた期間が4か月、あの時は永遠に思えるぐらい一日が長かった。それと比べると最近は一日があっという間です。つまりそれだけ症状が落ち着いているということ。

明日以降、久しぶりに近況報告の記事を書きたいと思います。

【ランニング日誌】 2021年9月

ランニング日誌 2021年9月

【概要】

当面の目標だった、5kmを22分切りを達成することができました。3週間ほど期間が開いてしまったにもかかわらず、登山をしているため脚力が鍛えられているのか、5kmのタイムが1分以上縮めることができました。

登山シーズンの間は、短い距離を中心に行いたいと思います。

 

【トレーニング内容】

  • (参考)5月9日 TT5Km(4:45, 4:46, 4:39, 4:42, 4;36/ 23:28)
  • (参考)8月20日 TT5Km(4:34, 4:25, 4:28, 4:54, 4;46/ 23:14)
  • 9月16日 TT5Km(4:24, 4:22, 4:23, 4:26, 4;23/ 21:58)
  • 9月24日 TT5Km(4:16, 4:14, 4:24, 5:01, 4;52/ 22:48)最初飛ばしすぎました。。
  • 9月30日 TT5Km(4:23, 4:18, 4:25, 4:22, 4;20/ 21:51)

【デュピクセント】コロナワクチン二回目

先日、コロナワクチンの二回目を受けてきました。

一回目の接種から、ちょうど三週間明けての接種です。

皮膚科の主治医の先生からは、デュピクセントを受けていてもコロナワクチンを受けることは全く問題ないといわれていました。

ワクチンの接種前に問診があり、そこでデュピクセントとステロイド軟膏を使っていることを伝えますが、特に問題なく注射を受けることができました。

注射自体はほんとに一瞬で、デュピクセントの注射に比べると全く痛くありません。(デュピクセントは薬剤をすべて体内に入れるまでに10秒弱ほど時間がかかり、その注入時に痛みがあります。)

 

二回目は副作用が出るということを聞いていましたが、私は全く副作用は出ませんでした。わずかに注射した左肩付近に違和感がある程度で、頭痛や発熱、倦怠感といったものは一切ありませんでした。

私にはアトピーやデュピクセントへの悪影響も全くありませんでした。

 

 良ければ、以下をクリックして応援いただければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

【家族登山】大岳山

先日、妻と娘と一緒に大岳山登山に行ってきました。

その時の記録をアップいたします。

         

目次

 

  • 1.総括
  • 2.登山ルート
  • 3.車でのアクセスと駐車場
  • 4.温泉
  • 5.トイレ事情
  • 6.休憩・補給ポイント

 

1.総括

5回目のベビーキャリアを使っての登山です。

今回は都内にある二百名山、大岳山への登山です。

御岳登山鉄道を使って、大滝駅から御岳駅まで移動して、行きは大岳山までの最短ルート、帰りは有名な御岳のロックガーデンと七代の滝を通るルートです。

この七代の滝へ行くためには、標高差で200m弱の急坂を下って登る必要があるので、帰りの疲れた体で行くのはなかなか大変でした。地図をちゃんと見れは急になっているのが分かるのですが、ガイドブックなどではそのような情報が記載されていないことが多いので、安易に行くと大変な思いをするのでご注意ください。

登山ルートとしては、現在は廃墟となっている大岳山荘直前と、大岳山層から大岳山山頂迄に狭い岩場を通過する箇所が少しだけありますが、どれも落ち着いてゆっくり通ればそこまで危険な個所ではありません。

大岳山の山頂はそこまで広くはないものの、食事をとるスペースはあります。また、西側に向けて展望も開けており、私が登った時は天気が良かったために富士山まで見ることができました。

ロックガーデンまでであれば、ベビーキャリアにもとてもおすすめできますが、大岳山に行くのであれば、少し登山経験があったほうが望ましいかもしれません。また、七代の滝に行くのであれば、急な上り下りを覚悟しておく必要があります。

 

2.登山ルート

御岳登山鉄道を利用し、行きは、御岳駅から御岳山の脇を通り、最短距離で芥場峠に向かい、大岳山荘から山頂のルート、帰りは、芥場峠から御岳山までの間に、ロックガーデンと七代の滝を経由するルートです。

スタート個所の御岳駅の標高は840mで、大岳山山頂の標高が1266mなので、標高差としては400mあまりです。

御岳駅から御岳山までの道は舗装路となっており、途中に色々な出店がありますが、平日はほとんどの店が閉まっていました。御岳山を過ぎてからは未舗装路に入ります。未舗装路へ入ってからは、鍋割山への分岐を通過して、綾広の滝というロックガーデンとの分岐点も通過して、しばらく行ったところまでは、ほとんど標高差もなく、快適に歩くことができます。橋が架けられており、小川を渡ったあたりから、登りが始まります。そこから150m弱程度比較的急な坂を上っていくと、高岩山方面との分岐地点でもある稜線に到達します。

少し行くと今度は芥場峠という鍋割山との分岐点が出てきます。途中岩場を通過して大岳山荘に到着です。大岳山荘からは短い岩場と急登を経由して山頂に到着です。

帰りは、綾広の滝からロックガーデンを経由します。そこまでは特に急坂もありませんが、ロックガーデン通過後に天狗岩が出てきます。この天狗岩のある個所から、七代の滝に下る道と、下らずに直接御岳山に向かう道の分岐があります。総括でも記載しましたが、一度七代の滝に下ってしまうと、御岳山へ200m弱の登り返しがあるので、ご注意ください。

 

御岳駅

↓20分

御岳山脇

↓20分

綾広の滝

↓30分

芥場峠

↓30分

大岳山荘

↓15分

大岳山(山頂)

↓8分

大岳山荘

↓25分

芥場峠

↓1時間25分(ロックガーデン、七代の滝経由。帰りに通るにはかなりしんどいのでご注意を!)

御岳山脇

↓25分

御岳駅

 

3.車でのアクセスと駐車場

車でのアクセスは、圏央道日の出ICを降りたあと、都道184号、31号、251号、45号を通ります。御岳山の標識を参照に都道201号に入ります。都道201号へ201号に入ったら、最後だけ急坂になりますが、いわゆる山道の運転はありません。普通車で全く問題ありません。

御岳登山鉄道の滝本駅には、二階建ての駐車場が併設されております。私は平日でしたのでガラガラでしたが、土日祝日は混むかもしれません。

 

4.温泉

今回は特に温泉は調べていませんでした。

 

5.トイレ事情

御岳登山鉄道の滝本駅にトイレがあります。出発前はこちらで済ませましょう。御岳駅から御岳山への道中にもトイレがあります。そのあとは、ロックガーデンを経由しない場合は、大岳山荘までトイレはありません。ロックガーデン経由では、綾広の滝から5~10分程度下ったところにトイレがあります。

 

6.休憩・補給ポイント

滝本駅及び御岳駅で食料、水分とも購入可能です。御岳山への道中にもいろいろな出店がありますが、現在は平日は2件程度を残してすべて休業でした。御岳山より先は途中で補給できる個所はないのでご注意ください。

また、御岳山から先でロックガーデンを経由しない場合は、大岳山荘周辺を除き道中には展望よく開けた場所もありません。大岳山荘付近は広いですが、展望はありません。山頂が富士山方面に対して展望がよく、そこそこの広さもあるので、山頂で食事をとる方が多いようです。

 

 

普段はアトピーに関する日記を書いていますので、良ければ、以下のアイコンクリックをお願い致します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村